ピーマン02相続をするべき事案が発生した際、その相続の対象となる資産とは、被相続人名義の現金、預貯金、土地、建物などの固定資産から保険契約や会員権などの権利、そして、有価証券など、およそ資産と呼ばれるものの全てがその対象となり、売却された場合の価値を基準として計算された評価額で、税額が計算され、或いは複数の相続人が存在する場合は分割される事となっています。
しかし、そんな資産、特に土地や住居と言った固定資産の場合は使用状況によっていくつかの特例措置も設けられているのです。
必要以上に資産価値の高い住宅でなければ、同居していた事を前提に相続税の軽減が認められていることは、まさに特例措置の恩恵と言えるでしょう。
同様に、特定同族会社事業用宅地等と言った言葉で表される土地も、被相続人と共に事業をしていた親族に相続がされる場合、勿論、事業の種類によって例外は存在しますが、相続される土地が無ければ事業が立ち行かなくなるケースも想定される事から、同じように減額対象となっています。
ただし、この特例が認められるためには、事業形態や被相続人と相続人が間違いなく、そしてある程度の期間、同時にその事業に携わっていることが条件となっているので、その証明が出来る事が重要となるのです。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。