遺産相続を行う現場では、資産状況によっては多額の相続税を支払わなければならない状況を持っており、人によっては不動産などを売却した上で現金を作って税金を支払うことを行っている方も存在しています。古くから伝わる土地などを手放す方も存在している状況にあって、この点に関しては現金を持ち合わせていない方にとっては不都合に動いてしまう内容を持っています。しかし、現在では特例というものが用意されていることによって、該当する不動産の場合では最大で80%の減税を行うことが可能とされています。その内容としては、面積の狭い物件に対して実施されているものになり、いくつかの種類に分類することができます。その項目の中には貸付事業用宅地等の分類があり、例えば賃貸アパートやマンション、駐車場として貸し出しを行っている土地が該当することになります。条件の中には相続を受けた方がそのまま引き継ぐことが必要とされていて、相続制に関しては50%の減額とされているものになります。ただし、売却などを行ってしまった場合では、減額されることが無いために注意が必要とされています。特例を利用することによって、本来では手放すことを考慮していた不動産であっても、所有を続けることができるメリットを持っています。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。