相続や遺贈で財産を取得した場合、相続発生前3年以内に被相続人から財産を贈られていれば、その財産は相続税の課税財産になります。この制度には、いくつかの注意点があります。
適用されるのは、相続や遺贈で財産を取得した人のみで、3年以内にたとえ高額の財産を贈られていても、相続人になっていなければ相続財産に加算する必要がありません。
贈られた財産が基礎控除以下だった場合でも、相続財産に加算します。
財産を贈られた年に相続が発生した場合には、相続税のみを申告します。
配偶者控除を受けていた場合には、その財産を相続財産に加算する必要はありません。
財産を贈られたときに支払った贈与税は、相続税から控除され二重に税金を納めることはありませんが、相続税を超える部分はカットされて、還付されません。
相続財産に加算する贈られた財産の価額は、その財産を贈られた時点の評価額で相続時のものではありません。宅地等を贈られた場合には、3年で価額が変動する可能性もあり、現時点で値下がりしていたとしても、受け取った時点の価額で相続財産に加算されます。
以上のように、注意すべき点がたくさんありますので、相続税の申告時に漏れのないよう注意をしましょう。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。