パプリカ相続や遺贈によって財産を取得する場合に、あらゆるものに課税されると、それによって生活が困難になる人が現れる可能性があります。その具体的なものとして住宅があります。同じ家に住んでいた人が、相続税の支払いのために家を売却しなければならないと言われれば、生活を続けていくことは困難になるでしょうから、そのために小規模宅地等の特例というものが定められています。適用されるのは居住に用いていた不動産です。

特例によって、相続税が減額されます。具体的には330平米までのものなら、80%まで減額されますから、たとえば土地の価額が平米あたりで30万円であったとしましょう。そして、250平米あったとすると、7500万円の資産があることになります。これに特例による減額を適用すると80%まで減額がなされますから、6000万円となります。従って、7500万円から6000万円を差し引いて、1500万円となるわけです。土地の価格自体は7500万円だったとしても、1500万円として計算されますから、これは非常に大きな減額幅だと言えるでしょう。これだけの減額亜ありますから、相続人が住む場所を失ってどうしようもなくなる状態を防げると考えられます。